1000万円の財産に対する相続税率は10%、贈与税は40%とかなりの差が出てきます。

相続税と贈与税の違い

 

相続税は亡くなったことにより、亡くなった人から財産を継承する際に課税される税金です。贈与税は、財産分与しようとする人から財産を受け取ることにより課税される税金です。財産を分けようとする人は生きています。
財産を譲る人が生きているか亡くなっているかで相続税がかかるか贈与税がかかるか変わってきます。

 

贈与税の基礎控除は1人につき年間110万円で、贈与を受けると贈与税がかかることは頭に入れておく必要があるでしょう。
相続税の基礎控除額は3000万円+600万円×法定相続人相続人の金額です。相続人1人につき3600万円以内の相続であれば相続税は発生しませんし、相続人が配偶者と子供1人であれば、4200万円が基礎控除額になります。

 

相続税対策として、生きている間に生前贈与もしくは死因贈与という形で財産を処分することが考えられますが速算表で見る通り、贈与税は相続税より税率が高いので注意が必要です。
これは生前に大部分の財産を贈与することにより、相続税を納税することを回避しようとする人達に対する対策とも言われています。

 

 

 

相続税の速算表

法定相続分

税率

控除額

1000万円以下

10%

3000万円以下

15%

50万円

5000万円以下

20%

200万円

1億円以下

30%

700万円

2億円以下

40%

1700万円

3億円以下

45%

2700万円

6億円以下

50%

4200万円

6億円超え

55%

7200万円

 

 

贈与税の速算表(一般的な贈与)

贈与税から110万円を引いた金額

税率

控除額

200万円以下 10%
300万円以下 15% 10万円
400万円以下 20% 25万円
600万円以下 30% 65万円
1000万円以下 40% 125万円
1500万円以下 45% 175万円
3000万円以下 50% 250万円
3000万円超え 55% 400万円

 

 

贈与税の速算表(特例贈与)
贈与税から110万円を引いた金額 税率 控除額
200万円以下 10%
400万円以下 15% 10万円
600万円以下 20% 30万円
1000万円以下 30% 90万円
1500万円以下 40% 190万円
3000万円以下 45% 265万円
4500万円以下 50% 415万円
4500万円超え 55% 640万円

 

 

640万円1000万円の財産に対する相続税率は10%、贈与税は40%とかなりの差が出てきます。
基本的には相続税で財産を分けられるように考えていくとよいでしょう。