相続税はどういう仕組みになってるの?

相続税のしくみ

相続税の計算は、個々の評価額を調べて、全相続財産を金銭に換算してから行います。
算出は以下のような流れです。

 

①相続財産を評価
被相続人の死亡時の財産で、相続または受贈するものを金銭に換算します。

 

②みなし相続財産を足す
被相続人が死亡したことによって支払われたもので、相続財産と似たようなこれらの財産のことを「みなし相続財産」といいます。
具体的には、生命保険金や死亡退職金などがこれにあたります。

 

③非課税財産、葬式費用、債務を引く
墓地、仏壇といった祭祀財産、公益目的の事業財産などは非課税財産です。
さらに葬式に要した費用、借金などの負債は相続財産から控除します。

 

④3年以内の贈与を足す
相続開始の3年以内の贈与は相続財産に加算されます。

 

⑤各人の正味の相続財産を合計する
相続人が複数人に及ぶ場合、それらの財産を合計し、課税価格を算出します。

 

⑥課税価格から基礎控除額を引く
課税価格から基礎控除額を引き、課税遺産総額を算出します。
課税遺産総額が負債などでマイナスに及ぶ場合は課税対象となりません。

 

 

ここまでのステップを終えた時点で、課税遺産総額の方がプラスになる場合、相続税が掛かりますので次のページをご覧ください。 また、税率は課税遺産総額によっても異なります。

 

>>相続税の仕組み~後編~はこちら