基礎控除額の算定方法とは?

基礎控除額の算定

はじめに述べましたが、現在の相続税の制度では、100人に3人程度の人しか課税対象となりません。
これは、相続税には大きな「基礎控除額」があるために、ほとんどの方の相続財産がこの基礎控除額を上回らないためです。
基礎控除額の計算式は以下のとおりです。

 

基礎控除額の計算式

5000万円+(1000万円×法定相続人の数)=基礎控除額

 

【例】相続人が配偶者と子1人の場合

 

5000万円+(1000万円×2人)=7000万円
この7000万円という額が基礎控除額となります。
相続財産がこの基礎控除額を上回らない限り、相続税は課税されません。

 

 

相続税の速算表
課税標準 税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
3億円以下 40% 1,700万円
3億円超 50% 4,700万円

 

【例】相続財産1億2000万円で相続人が子供が2人の場合

 

基礎控除額:5000万円+(1000万円×3人)=8000万円
課税標準:1億2000万円-8000万円=4000万円

 

・相続分の算定
配偶者:1億2000万円×1/2=6000万円
子:1億2000万円×1/4=3000万円(一人当たり)

 

・納税金額の算定
配偶者:6000万円の税率は20%、控除額は200万円ですので
⇒6000万円×20%-200万円=1000万円

 

子:3000万円の税率は15%、控除額は50万円ですので
⇒3000万円×15%-50=400万円×2人分で計800万円

 

全体の仮の納税額は1800万円となり、この額を実際の分割の割合で支払うこととなります。